有料ペーパークラフト情報

F1ルノーR26(Renault R26)@F1 MODELING Vol.31 付録

 
以前、ウィリアムスFW26(Williams FW26 & FW26B)の無料ペーパークラフトの記事を紹介しました。
載っているのはMETMANIAというwebサイトです。

同じwebサイトにルノーR26の完成写真が載っています。
フェルナンド・アロンソのチャンピオンモデルです。
しかしながら型紙は公表されていません。
よくよく記事を読んでみますと、RALLY-Xの別冊「F1モデリング」Vol.31の付録として作成したものということです。

なるほど、版権とかの関係で型紙を公表できないのかな?
などと思うものの、写真を見る限りとても精巧な出来で、ぜひ入手したかったのです。
ただし、本雑誌が発売されたのは2007年1月のこと。
ほぼあきらめていました。

ところが、Yahooオークションに出品されたのです。
数名のライバルを振り切ってなんとか落札しました。

今作っているプリストンテールのアーチャーが完成間近なので、次はこれ行ってみたいと思います。
オリジナルを切り抜くのはもったいないので、とりあえず型紙のページをそっと外してスキャンしました。
renault r26
これをプリントアウトして作ることにします。

さて、ルノーR26に取り掛かるためにも早くプリストンテールのアーチャーを仕上げねば。

  
                この号の付録じゃないので注意


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

プリストンテール アーチャー

プリストンテール アーチャー その10

 
今日も髪の毛の作成です。
昨日に続いての作業となります。
私がんばるなぁ(^^)

本日は後頭部品の組み立てで点数は2点+2点+3点+3点+2点=12点。
今日も難しい組み立てはなく、淡々と作業を進めるだけですので写真が多くなります。

まずは右中2点と左中2点です。
paper090827_1.jpg
続けざまに後頭部の3点です。
paper090827_2.jpg
下側のパーツを前後逆に付けてしまって一瞬あせりましたが、接着剤が乾く前に外して付け直せました。
工程32から38まで作業が済んだ状態です。
paper090827_3.jpg
っていうか、顔を胴体に取り付けるのは工程36だったんですね。。。
工程23が終わったところでもう胴体に取り付けてましたよ・・・(^^;

次に髪の毛のお団子、かんざし、取り付け部の5点です。
paper090827_4.jpg

上写真の左側3点をリング状に組んで後頭部に取り付けて、右側のパーツで作ったお団子でそのリングを完全に覆うように取り付けてかんざしを刺します。
paper090827_5.jpg

アクセサリーとかほつれ毛とかがこれから付いていきますが、体の基本的な部分は出来上がりました。
paper090827_6.jpg

残る大物は弓だけです。
それにしても、なんかイラストに比べて頭が大きいんじゃない?・・・

本日の作業はここまで。
作業時間は1時間半でした。


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

プリストンテール アーチャー

プリストンテール アーチャー その9

 
今日から髪の毛の作成です。
本日は前頭部品の組み立てで点数は5点+5点+4点+4点=18点。
難しい組み立てはなく、淡々と作業を進めるだけですので写真が多くなります。

まずは右前5点です。
アーチャー
顔に取り付けましたが、なんかえらい外に跳ねています。
アーチャー

次に左前5点です。
プリストンテール
顔に取り付けると、右前の跳ねがちょっとマシになりました。
プリストンテール

次に右前その2の4点です。
プリストンテール
組み付けは引っ張りが強く、かなり力技で貼ったため、既に貼り合わせた顔のパーツの一部が剥げそうになりました。
けど、そのおかげで右前髪の跳ねがさらに小さくなりました。
Priston Tale

次に左前その2の4点です。
Priston Tale
こちらも力技です。
両方の前髪が頬に沿ってきれいに収まった気がします。
archer

正面から見たバストアップはこんな感じです。
archer

終盤に近づくとモチベーションも上がります。

本日の作業はここまで。
作業時間は2時間でした。


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

プリストンテール アーチャー

プリストンテール アーチャー その8

 
今日はいよいよ顔の作成です。
部品点数は10点。
archer

そのまま組み立てるとつなぎ目の段差がどうしても目立ってしまいます。
今まで組み立ててきた様子を見れば一目瞭然です。
やっぱり顔ですから段差は少しでも目立たないようにしたいですよね。

ということで、元々あるタブを切り取って新たにタブを作ることで段差が少なくなるようにしてみました。

まずタブを切り取り
次に余っている紙でタブを作り
archer

それを元のパーツに取り付けます。
表から見るとこんな感じ。
Priston Tale

裏から見るとこんな感じ。
Priston Tale

途中、写真も撮らずに一気に組み立てて胴体に接着しました。
そのまま組むと顔が垂直に立ってしまうのですが、箱絵の首を右にかしげている感じが良いので、傾けられるだけ右に首を傾げさせてみました。
archer

前回取り付けがいまいち分からなかった上着前部の紐も取り付け位置が判明し、無事取り付けることができました。

あっ、顔のアップ写真撮ってないよ・・・orz

本日の作業はここまで。
作業時間は2時間30分でした。
細かい作業が多くて疲れました。。。


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

プリストンテール アーチャー

プリストンテール アーチャー その7

 
今日は上半身衣服の作成です。
部品点数は6点+3点。
Priston Tale

まず左右の胸カップを作ります。
各3パーツを丁寧に組み立てます。

次に完成したこれらパーツを襟のパーツに取り付けて体に装着します。
プリストンテール

その後背中側のベルト(?)を取り付けます。
最後に前をX型のリボンみたいなもので留めるわけですが、これをどこに取り付ければきれいに収まるのかが良く分かりません。
しばらくあれやこれや試したのですが、きれいに収まりません。
ということで、これは次回以降の宿題として今回は取り付けを見送りました。

アーチャー
背中側のベルトもぷかぷかに浮いてて違和感があります。
これも次回以降の宿題ですかね。
実際問題として、例えばブラジャーをこんなに緩く付けることはないですからね。


本日の作業はここまで。
作業時間は1時間でした。
作業時間より組み立てを悩んでいる時間のほうが長かったかも・・・


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

宇宙

国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」@無料ペーパークラフト情報

 
昨日、若田光一さんが138日に及ぶ国際宇宙ステーションでの長期滞在を終え、無事地球に帰ってきました。

若田さんの活躍で日本実験棟「きぼう」も無事完成しました。
これからの実験成果に期待したいですね。

ということで今回紹介するのは、夏休みの自由工作にも最適な「きぼう」のペーパークラフトです。

独立行政法人宇宙航空研究機構(JAXA)が無料でデータを提供してくれています。
http://iss.jaxa.jp/kids/kousaku/dancing-kibo/index.html
船内実験室もしっかり再現されていますよ。
きぼう

他にも「実験工作室」では夏休みの自由研究向きの実験がいろいろあるので覗いてみてはいかがでしょうか。


ところで、先日はアポロ11号の月着陸40周年でした。
プラモデルも楽しそうです。



Amazon楽天市場

1/70 アポロ宇宙船 タミヤ(発売中)
3,280 円



ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

プリストンテール アーチャー

プリストンテール アーチャー その6

 
今日はとっても地味に胸板と背中の肩甲骨の間の部分、そして首の作成です。
部品点数は5点。
Priston Tale

5点を組み立ててから本体に組み込むか、それとも1点ずつ順に組み込むか迷いましたが、後者の手段をとることとしました。
本体そのものに歪みが発生したりしていると、大きなパーツを一気に組みつけようとするとズレが生じる恐れがあったからです。
1点ずつ組み込むのは、その歪みを修正しながらパーツを組み付けていけるメリットがあります。
ただし、作業は狭い場所で行うこととなるというデメリットもあります。

まあ本日はパーツ数5点なので途中経過は省略です。
ひたすら1パーツずつ、1タブずつ、確実に貼っていくだけです。

一応、今回作業した部分の前後はこんな感じ。
archer

プリストンテール

本品は、私が通常印刷して使う紙より薄い用紙であるにもかかわらず、段差はくっきり目立ちます。
んー、ロボットみたい・・・
完成後に絵の具でレタッチすれば目立たなくなるかな?
顔もこれじゃあ辛いので、ちょっと工夫しようと思ってますが、そのお話はまた今度。

全身の前からの姿と初公開の後ろからの姿はこんな感じ。
Priston Tale

本日の作業はここまで。
本日の作業時間は30分でした。
ブログ更新のほうが時間かかっちゃったよ・・・orz


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

プリストンテール アーチャー

プリストンテール アーチャー その5

 
ちょっと間が空きましたが、今日は左腕の作成です。
右腕と同様、部品点数は12点。
Priston Tale

前回とほぼ同じ作業なので大幅に作成経過をはしょります。
写真もはしょります・・・(^-^;
前回とほぼ同じ作業なのでかなり作業時間が短縮できると踏んだのですが・・・

上半身に腕を取り付ける作業でけっこう苦労しました。
Priston Tale

ここまでで86パーツを組み上げました。
全パーツが172パーツですのでちょうど折り返し地点です。

本日の作業はここまで。
本日の作業時間はけっきょく右腕と同様の2時間でした。
ペーパーフィギュアは難しいです。


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

プリストンテール アーチャー

プリストンテール アーチャー その4

 
さあ、作業を再開すると勢いがつきます。
勢いがあるうちに一気に作業を進めるっていうのはある意味戦いのセオリーです。
って、戦いなのか?
Priston Taleを中心とするMMORPG関係サイトの「Yanのプリ日記」さんで本件ペパクラを紹介していただいたことも、勢いを後押ししてくれます。

ということで、今日は右腕の作成です。
部品点数は12点。
指先周りのパーツが細かくてちょっとイヤな感じです。
paper090703_1.jpg

裏から爪楊枝を使って糊代部分を押しつつ、表から整形するように接着面を密着させます。
ここで一気に5つのパーツを組み上げて手首から先が完成です。
って、なんで小指のほうが長いNooooooo!!
paper090703_2.jpg
とっても違和感がありますが、どうやら弓の弦を這わす関係で無理矢理造形した結果こうなったようです。
インナーブレイン社だったらこんな造形はしないだろうに・・・などとちょっと思いつつ、「そこまで言うなら修正しろよ」って声も聞こえそうなので、このまま目をつぶります。
だって、ひとつ前の写真に写っている設計図の絵だってよく見たら小指のほうが長いじゃないか。HAHAHAHA。

さあ、気を取り直して続きにいきます。
次のパーツは7cm程度の長さがあり、かつ内径が1cmちょっとなので、一旦筒状に仕上げてから手首に取り付けようとしたときに糊代部分を裏から爪楊枝で押せないので1か所づつ接着していくこととします。
paper090703_3.jpg
組み上がってから思ったのですが、別に糊代部分を押すのは爪楊枝じゃなくても箸でもデザインナイフの柄でも良かったんですよね。
まあそこそこきれいに仕上がったからいいか。

あとは勢いで肘、二の腕、肩まで一気に作ります。
paper090703_4.jpg

本日の作業はここまでとしたかったのですが、右腕の保管場所に困ってしまいましたので、胴体に取り付けることにしました。
糊代を1か所づつ丁寧に接着していったらそんなに面倒ではありませんでした。
けど、腕の角度は本当にこれでいいのかしらん??
paper090703_5.jpg

本日の作業はここまで。
作業時間は2時間でした。


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

プリストンテール アーチャー

プリストンテール アーチャー その3

 
昨年の10月18日以来放置を続けるPriston Tale(プリストンテール)」の「Archer(アーチャー)」の続きを作ります。

まず、なぜこんなに長い期間放置するに至ったかについて「言い訳」をしておきます。

前回記事に、こう書きました。
「裏側は糊しろ部分が白くて目立ちます。」
「これは上半身を作る前に塗っておくべきでしょうね。上半身を作ったら外れなくなりますからね。」

つまり、塗らなきゃいけないわけですが、水彩絵の具が行方不明になっていたのです。
そして、思い立つたびに探したのですが、なかなか見つからず、やっと見つかったと思ったら肝心の赤色がない・・・
その結果、ここまで放置が続いたというわけです。

ええ、全く納得が行かない言い訳だと思いますが、だから言い訳というのです。
読者を納得させる気があるのなら「言い訳」ではなく「釈明」をするでしょう。(完全開き直り!)

で、今回再開するに当たって絵の具は用意できたのか、と問われれば、答えは「否」です。
とりあえず、そんなに目立たない部分なので、お向かいの娘さんに頂いた48色水彩ペンでチョチョッ!とレタッチです。
ほら、だいぶん目立たなくなったでしょ?
Priston Tale  archer
ちなみに赤よりも茶のほうが色が近く、レタッチに向いていました。
茶色の絵の具ならあったのに・・・

ついでに前回ちょっと破損させたパレオ部分も裏打ちして修正します。
Priston Tale  archer
さて、ここからが本格的な再開です。
ここまでのたったこれだけの作業で、既にHPもMPも限界が近い気がしますが一記事のボリュームとしていかがなものかと思いますので、もう少しだけ進めます。

次の工程は腹から胸部分です。
部品点数は5点。助かった・・・
Priston Tale  archer

お腹のパーツを組みます。
ウエストのくびれ部分になりますので糊代の向きが内側から外側になります。
Priston Tale  archer

続いて胸です。
けっこうでかいな・・・
しかも衣装で隠れる部分なのになんでここまでリアルなんだ?
まあ「製作者のこだわり」ということにしておきましょう。
Priston Tale  archer
重ね目がちょっと目立ちますが、どうせ衣装で隠れる部分ですので無視します。

この胸をお腹の上部分に接着します。
ぐずぐずしていると接着面がズレる可能性がありますので一気に接着します。
んー、久しぶりだったのでちょっと雑な面があった点は否めませんが、まあギリギリ及第点ということにしましょう。
はい、こんな感じです。
Priston Tale  archer

次回は肩から腕にかけての作業になります。
結構面倒くさい感じです。
次はいつ取り掛かるのでしょうか・・・

本日の作業はここまで。
作業時間は2時間でした。


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

<<前の10件  .. 3 4 5 6 7..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。