ペパクラつくろう!(ペーパークラフト・papercraft) > カワセミ > カワセミ@ペーパークラフト製作記録



カワセミ

カワセミ@ペーパークラフト製作記録

 
最近はツイッター、フェイスブック、ニコニコ動画、2ちゃんねる等々、いろんなチャンネルから情報を得られるようになりとても有り難い反面、すごい技術をまざまざと見せられて「自分は何のためにこのブログをやっているんだろう」という気持ちでモチベーションも下降気味な今日この頃、長い間ブログを更新していない言い訳として How many stars would you give us!(新チューボーですよ!風味)(ここまであいさつ)

さて、さぼってた言い訳はさておき、本当に世の中にはすごい人たちが多いものです。そんな人達を毎日見て自信を無くしがちな皆様のために私のブログはあります。「なんだ、あんなのでもいいのか」ってねw
ということで、今回はカワセミとヤマメ(もしかしたらイトヨ?)のディオラマなんぞを作ってみました。
型紙はこちらから無料で入手できます。

まずはカワセミ。
パーツは9点(写真に写ってるパーツ)と思ったら、風切羽の端っこの2パーツを見落としていました。
実は11点です。
paper141108_01.jpg
くちばしの組付けに失敗したので晒しておきます。
顔に印刷されたくちばしの付け根とくちばし本体が黄色い線のように直線にならなきゃいけないのに、顔の線に合わせて赤い線のように組み付けてしまいました。
paper141108_02.jpg
くちばしを修正してすべてのパーツが組みあがりました。
ちなみに見落としていた風切羽のパーツは黄色い丸で囲んだ部分です。
案外バランスが良くて、とまり木の角度さえ合えば普通にとまります。
paper141108_03.jpg

続いてヤマメです。
パーツは4点。
paper141108_04.jpg
作成手順には描いてありませんでしたが、胸ビレは切り起こしました。
黄色い丸で囲んだ部分です。
paper141108_05.jpg
半身づつ作って貼りあわせて完成です。
paper141108_06.jpg

続いてとまり木です。
パーツ数は4点。
paper141108_07.jpg
山折り、谷折りの折り目を入れたら、あとは潰れて見えにくい数字同士をひたすら貼りあわせて、棒状になった4つのパーツを組み合わせて完成。
あとで絵の具などで塗ります。
paper141108_08.jpg
paper141108_09.jpg
paper141108_10.jpg
paper141108_11.jpg
paper141108_12.jpg
paper141108_13.jpg
paper141108_14.jpg

これですべてのパーツが揃いました。
実はこの状態で1年8ヶ月放置していましたw
んで、一気に組み立てます。
amazonの箱を斜めにカットして、底になる部分には遠近法的な効果を狙って、奥が高くなるようにくさび形の底を敷いて、「川底」でググって見つけた川底の写真を貼り付けました。
背景はうちの近所で撮影した多摩川の写真です。
水面は、ラミネーターフィルム、いわゆるパウチで作りました。細切りしたラミネートフィルムを何本も作って、それを普通のラミネートフィルムにはさんでパウチして水面のせせらぎを表現しました。
今回、この工作のためにラミネーターを購入しました。

で、完成したのがこちらです。
paper141108_15.jpg

あれだけ面倒臭かったとまり木は高さがありすぎたので、泣く泣く切り詰めました。
木の根元の水しぶきの表現は綿を使いましたが、雑さが目立ちます。
さて次はどの放置中を完成させますかね。
え?フェラーリ248F1?(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい

ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

<<フェラーリ248F1(その5) | ペパクラつくろう!(ペーパークラフト・papercraft)トップへ | ハムタンク@ペーパークラフト製作記録>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。