目次

ペパクラつくろう!コンテンツ

目次

【ペーパークラフト製作記録】
 ・ インナーブレイン社製 MS-06S ZAKU
 ・ Priston Tale(プリストンテール)Archer(アーチャー)
 ・ F1ルノーR26 (F1 Renault R26) フェルナンド・アロンソ モデル
 ・ キャノンクリエイティブパークのトラ
 ・ キャノンクリエイティブパークのネザーランドドワーフ
 ・ 探査ロボット「ミネルバ(MINERVA)」
 ・ キャノンクリエイティブパークのチャイニーズドラゴン
 ・ インナーブレイン社製 エヴァンゲリオン初号機
 ・ フェラーリ248F1
 ・ カワセミ
 ・ ハムタンク
 ・ インナーブレイン社製 ミレニアム・ファルコン 11/03 UP

【無料ペーパークラフト情報】
 ・ 自動車
  ┣ ASTON MARTIN DBR-9
  ┣ Epson Nakajima Racing「2008 EPSON NSX 」
  ┣ Williams FW26 & FW26B
  ┣ 1/24トヨタ86(ハチロク)
  ┗ ロータスF1 E20

 ・ オートバイ

 ・ 飛行機

 ・ 船舶
  ┗ 英国軍艦ドレッドノート

 ・ 宇宙
  ┣ 日本実験棟「きぼう」
  ┣ 小惑星探査機「はやぶさ」
  ┣ 準天頂衛星「みちびき」
  ┣ スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
  ┗ 探査ロボット「ミネルバ(MINERVA)」

 ・ 動物
  ┣ トラ
  ┣ ネザーランドドワーフ
  ┣ チャイニーズドラゴン
  ┗ カワセミ

 ・ 植物

 ・ 建築物
  ┗ 東京スカイツリー

 ・ アニメ・SF
  ┣ R2-D2(STAR WARS)
  ┣ ヨーダ・YODA(STAR WARS)
  ┣ エヴァンゲリオン初号機
  ┗ 鬼姫(サスケ)

 ・ 折り紙
  ┗ ティラノサウルス?ゴジラ?

 ・ その他
  ┣ CANON EOS 5D
  ┣ Nintendo DS Lite
  ┗ ムラタセイサ君

有料ペーパークラフト情報
  ┣ ペラモデル
  ┣ F1ルノーR26@F1 MODELING Vol.31 付録
  ┗ インナーブレイン社製 STAR WARS vol.1 vol.2

道具
  ┣ エッチングベンダー
  ┣ 照明
  ┣ カッティングマット(カッターマット)
  ┗ VANCO鉄筆No.100R 05/30 UP

ペパクラやってるとインクもたくさん使いますよね。

ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。

banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

ミレニアム・ファルコン

ミレニアム・ファルコン(その2)@ペーパークラフト製作記録

 
昨年12月に製作開始の記事を書いて以降、鉄筆の記事を本年5月に書いた際、少しだけ進捗している写真をお披露目して以後放置中のミレニアム・ファルコンですが、実は一昨日完成したのでその2にしていきなり最終回としたいなあなんて思いつつ、デアゴスティーニの「週刊スターウォーズ・ミレニアムファルコン」が全国販売に発展しないことにヤキモキしていたら、バンダイの1/144プラモデル「ミレニアムファルコン」の評判がとても良くて♪揺れる想い体じゅう感じて♪いる今日このごろ皆様におかれましては文化的な営みをされていますでしょうか(ここまで「文化の日」的あいさつ)

さて、冒頭あいさつでも書きましたとおりミレニアムファルコンは無事完成いたしました。
詳細な解説はふっ飛ばして、製作過程を無声映像でお送りいたします。
paper15110301.jpg
paper15110302.jpg
paper15110303.jpg
paper15110304.jpg
paper15110305.jpg
paper15110306.jpg
paper15110307.jpg
paper15110308.jpg
paper15110309.jpg
paper15110310.jpg
paper15110311.jpg
paper15110312.jpg
paper15110313.jpg
paper15110314.jpg
paper15110315.jpg
paper15110316.jpg
paper15110317.jpg
paper15110318.jpg
paper15110319.jpg
paper15110320.jpg
paper15110321.jpg
paper15110322.jpg
paper15110323.jpg
paper15110324.jpg
paper15110325.jpg
paper15110326.jpg

まずないとは思いますが、万が一聞きたいことがありましたら右側のメールあてご連絡くださいませ。





ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

道具

VANCO鉄筆No.100R@道具

 
ミレニアム・ファルコンの記事が放置中ですが、いつものことと気にかけずにいてもらえるとありがたいと思うのですが、少しだけ報告しますと超初期の段階であるにもかかわらず、すでに最終的にはどうごまかそうかと悩むくらいヤバい状態な今日このごろ、デアゴスティーニが「週刊スターウォーズ・ミレニアムファルコン」を販売すると聞いて最終価格が20万円程度になるにもかかわらず「買うぞ」と鼻息荒く構えていたら、今のところ北海道と新潟で試験販売しているだけの状況と聞いて「頼む、全国販売に発展してくれ!北海道民、新潟県民頑張ってくれ!」と祈るしかない状況なわけですが、皆様におかれましては熱中症対策は万全でしょうか・・・暑い(ここまであいさつ)

さて、ペパクラを綺麗に仕上げたいと思ったら、「折り」はとても大切です。
それがちゃんとできていないから私が組んだペパクラはいつも悲惨なわけですが・・・
以前、私は紙を折るときにエッチングベンダーという道具を使うということを書きました。
http://papercraft.seesaa.net/article/310183149.html

ただ、エッチングベンダーは完璧ではないし、よりシャープな折り目にしたければ、折り線を硬くて鋭い何かで罫書いてから折るのが最も有効であると思うわけです。
よく使われるのが、書けなくなったボールペン、目打ち、カルコ、鉄筆などでしょう。
その鉄筆ですが、VANCOというメーカーが出していたNo.100という鉄筆の評判がとてもよいものでした。しかも安心の日本製。
こんなのです。
paper15053002.jpg

ところが、こいつがある日突然全く目につかなくなり、アマゾンでも楽天でも手に入らないという状況になってしまったのです。

ほらね。

ということでメーカーに問い合わせてみました。
そしたら萬社長御自らメールをくださりました。
>現在100番は廃番で在庫も完売しました。
>同じ品質の針を製造する職人を探すのに時間がかかったためです。
>ようやく8月発売に向け動き出している次第です。
>木製軸で発売いたしますので宜しくお願いします。

そうなんです、職人が針を1本1本練磨し、焼入れを経て丹念に作っていたのです。
職人が見つかってよかったよ、ほんとに。
そして2014年8月の発売を待ってワクワクしていたら8月22日に発売延期のお知らせ・・・orz
しかし、10月27日についに発売となったのです。
しかも、針はそのままでプラ軸から木軸に変更になったので質感もUP!
また職人がいなくなったら困るからとりあえず5本買いましたよ。
paper15053001.jpg
paper15053004.jpg

今回のNo.100Rの再販に合わせて「線をつける」「折れ線を入れる」「紙を折る」等様々な用途に幅広く使用できるNo.30RとNo.40Rも発売されたようなので、機会があればこちらも試してみたいところです。
  

さて、鉄筆も手に入ったことだし、頑張ってミレニアムファルコンを進めねばなぁw
paper15053003.jpg

【VANCO鉄筆No.100R諸元】
 ・ 軸:木製
 ・ グリップ:シリコンゴム
 ・ 芯:特殊鋼
 ・ 長さ:約150mm
 ・ グリップ部太さ:約11mm
 ・ 針の太さ:約0.8mm

ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

ミレニアム・ファルコン

ミレニアム・ファルコン(その1)@ペーパークラフト製作記録

 
スターウォーズの版権がディズニーに買われて「大変だー」って言ってた時期からそろそろ2年ですか?
来年の12月にEpisodeVII The Force Awakens が公開されるってんでトレーラーも始まりました。

ディズニーが作るスターウォーズなんて「ケッ!」なんて思っていた時期もありましたが、なんとなくシャープになったX-wingとかミレニアムファルコン(Millennium Falcon)が動いているのを観るとやっぱワクワクしますね。
やっぱミレニアム・ファルコンかっけー!!

ってことで、今回は我が家で何年も積んだままになっていたインナーブレイン社のミレニアムファルコンのペーパークラフト(papercraft)を組むことにしました。
paper14120501.jpg

インナーブレイン社は素敵なペーパークラフトを多く世に送り出してきたのですが、ちょっと時代が早かったのか、今はない会社となってしまいました。
エヴァシリーズ、ボトムズシリーズ、ガンダムシリーズ、スターウォーズシリーズ、どれもパーツ数を極力抑えて作りやすくしているのにディテールは最高というお手本のようなペパクラばかりでした。
本気で欲しい人はヤフオクなどで探すとたまに見つかりますので頑張って探してみてください。
あと、復刊ドットコムで要望している人もいるので、本気で欲しい人はそちらを突いてみるという手もあるかもしれません。

ということで、早速取り掛かった24行程中の1工程目。
パーツを4つ切り出して、接着して、必要なところを曲げるだけで2時間を費やして。そして疲れきってしまいました。
根性なし〜w
paper14120502.jpg

しかも糊付け前に、パーツの位置決めをするために貼ったマスキングテープの糊が強かったのか、剥がすときに型紙の一部も剥がれてしまいました。
paper14120503.jpg
まあ見えないところなのでよしとしましょう。

次の2工程目はCD-ROMの設計図だけではよくわかんないぞ?
紙冊子の設計図はどこにやったっけか?
厚紙の裏打ちがいるらしい・・・

勢いで取り掛かったはいいけど、来年のEpi.VIIまでに完成するのであろうか・・・
早くも零式三座水偵を組みたくなってきたw
そして中心の円盤部分だけで300mm超とか、奥さんから邪魔者扱いされるのは必至ですな。
とは言え、私のペパクラについては何も知らないのに、上記の段階で「ん?ミレニアム・ファルコン作ってる?」って言ううちの奥さんは案外SWオタクかもしれないw

(15/11/02追記)
最近評判のバンダイ製ミレニアムファルコンのプラモデル。
かなり出来が良いらしいので、これはこれで作ってみたいです。


ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

はーみぃ

ハムタンク@ペーパークラフト製作記録

 
「ハムスターが軍隊に!?はーみぃ HARMY☆」
"What's HARMY?" な人は"Click here."
お友達「しゃのあ〜る。」さん(プロイラストレーター)の企画物ハムスターの軍隊「はーみい」のキャラクターが可愛くて、これ立体物に出来ないかしらん?と、技術もないのに根性だけで形にしましたので、せっかくだからお披露目することにしました。

ターゲットは主人公の「ハムタンク」
彼ははーみぃに憧れる普通のハムスター、ジャンガリアンの男の子です。

ということで、早速作画してみました。
作画にはペパクラデザイナーの付録についていた六角大王を使いました。
使い方はググればタメになるサイトがいくらでもありますので、ここでわざわざ未熟な私が解説するまでもないってことで割愛します。
で、できました。
こんな感じ。
hamtank_1.jpg

それをペパクラデザイナーで展開して整えて、それっぽくするために表紙と設計図も作りましたよ。
hamtank_2.jpg

そして完成したのはこちら!
hamtank_3.jpg

「しゃのあ〜る。」さんが11/23の「COMITIA110」にブースを出すってことで、そこに置いてもらおうと慌てて作ったので粗はありますが(まあ普段も粗だらけなんですが…orz)、ほぼ思ったとおりに可愛くできました。
メンダコさんと一緒に可愛く飾っていただきました。
paper141124_4.jpg

で、この型紙ですが、「しゃのあ〜る。」さんに配布の許可をもらったので載せておきますね。

表紙download
型紙download
作り方download

「しゃのあ〜る。」さんありがとうございました。
「しゃのあ〜る。」さんにお仕事を依頼したい方はこちら↓からどうぞ。
かわいいイラストやロゴマークなどが得意ですよ。通常の3倍屋。




ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

カワセミ

カワセミ@ペーパークラフト製作記録

 
最近はツイッター、フェイスブック、ニコニコ動画、2ちゃんねる等々、いろんなチャンネルから情報を得られるようになりとても有り難い反面、すごい技術をまざまざと見せられて「自分は何のためにこのブログをやっているんだろう」という気持ちでモチベーションも下降気味な今日この頃、長い間ブログを更新していない言い訳として How many stars would you give us!(新チューボーですよ!風味)(ここまであいさつ)

さて、さぼってた言い訳はさておき、本当に世の中にはすごい人たちが多いものです。そんな人達を毎日見て自信を無くしがちな皆様のために私のブログはあります。「なんだ、あんなのでもいいのか」ってねw
ということで、今回はカワセミとヤマメ(もしかしたらイトヨ?)のディオラマなんぞを作ってみました。
型紙はこちらから無料で入手できます。

まずはカワセミ。
パーツは9点(写真に写ってるパーツ)と思ったら、風切羽の端っこの2パーツを見落としていました。
実は11点です。
paper141108_01.jpg
くちばしの組付けに失敗したので晒しておきます。
顔に印刷されたくちばしの付け根とくちばし本体が黄色い線のように直線にならなきゃいけないのに、顔の線に合わせて赤い線のように組み付けてしまいました。
paper141108_02.jpg
くちばしを修正してすべてのパーツが組みあがりました。
ちなみに見落としていた風切羽のパーツは黄色い丸で囲んだ部分です。
案外バランスが良くて、とまり木の角度さえ合えば普通にとまります。
paper141108_03.jpg

続いてヤマメです。
パーツは4点。
paper141108_04.jpg
作成手順には描いてありませんでしたが、胸ビレは切り起こしました。
黄色い丸で囲んだ部分です。
paper141108_05.jpg
半身づつ作って貼りあわせて完成です。
paper141108_06.jpg

続いてとまり木です。
パーツ数は4点。
paper141108_07.jpg
山折り、谷折りの折り目を入れたら、あとは潰れて見えにくい数字同士をひたすら貼りあわせて、棒状になった4つのパーツを組み合わせて完成。
あとで絵の具などで塗ります。
paper141108_08.jpg
paper141108_09.jpg
paper141108_10.jpg
paper141108_11.jpg
paper141108_12.jpg
paper141108_13.jpg
paper141108_14.jpg

これですべてのパーツが揃いました。
実はこの状態で1年8ヶ月放置していましたw
んで、一気に組み立てます。
amazonの箱を斜めにカットして、底になる部分には遠近法的な効果を狙って、奥が高くなるようにくさび形の底を敷いて、「川底」でググって見つけた川底の写真を貼り付けました。
背景はうちの近所で撮影した多摩川の写真です。
水面は、ラミネーターフィルム、いわゆるパウチで作りました。細切りしたラミネートフィルムを何本も作って、それを普通のラミネートフィルムにはさんでパウチして水面のせせらぎを表現しました。
今回、この工作のためにラミネーターを購入しました。

で、完成したのがこちらです。
paper141108_15.jpg

あれだけ面倒臭かったとまり木は高さがありすぎたので、泣く泣く切り詰めました。
木の根元の水しぶきの表現は綿を使いましたが、雑さが目立ちます。
さて次はどの放置中を完成させますかね。
え?フェラーリ248F1?(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい

ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

248F1

フェラーリ248F1(その5)

 
前記事その4から381日が経ちました。
2014F1GPが開幕して、いい加減起きろと言ってきました。ですよね。

さて、前記事にも書きましたとおり、ブツはとっくに出来上っており、ピトー管やミラーなどが一部要修復な状態になっているのですが、記録として記事を更新しますね。
今回はコクピット周りです。

ラジエターインテークは何も難しいところはありません。
248F1_37.jpg248F1_38.jpg

コックピットのバスタブです。*にステアリングシャフトが刺さります。
248F1_39.jpg
248F1_40.jpg

シートです。1枚でこの造形です。設計者さんのセンスが光ります。手前側が頭で奥が座面です。
シートに付くベルトっぽい部品は、裏が見えるので、それぞれオレンジ、ブルーであらかじめレタッチしておきます。
鉛筆書きのc-9って部品番号のメモが透けていますが、まあこれくらいはいいでしょ。小さいパーツだし。
248F1_41.jpg

ベルト類はシートに馴染むようにあらかじめ癖をつけておきます。
「Sabelt」は縁を黄色でレタッチしてから貼ると綺麗に見えます。
248F1_42.jpg

ベルト類を全部取り付けるとこんな感じです。
けっこう細かい作業だなぁ、なんて思ってたのですが、別な方が金具部分だけ切り出して、超薄い紙でベルトを作って、本物のように金具パーツに通していたので、それを見た時には私の作業なんて全然細かくないと驚愕いたしました。
ちなみにその方、タイヤの溝も再現されておりましたw
248F1_43.jpg

全パーツを組み込んだシートをバスタブに組み付けて・・・
248F1_44.jpg

ステアリングハンドルを取り付けたらボディに組み込みます。ラジエターインテークも取り付けます。
248F1_45.jpg

面倒な割にはあんまり目立たないのですが、ここがキッチリできていないと仕上がりが悪く見えるというところでした。
その6につづく

ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif

人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

道具

カッティングマット(カッターマット)@道具

 
フェラーリは途中で投げたのかよ!って言われるくらい製作日記を放置してますが、1年以上前にとっくに完成してるんですが、記事を書く文章を考えるのが面倒くさくて更新してないだけで、それもこれも「艦これ」が悪いんじゃないかと思う今日この頃、皆様のソシャゲは捗っていますでしょうか(ここまであいさつ)
paper140315_04.JPG

さて、パーツをカッターナイフで切り抜く時に必要なのがカッティングマットです。
私、オルファのカッターマットを使っているんですけど、色が明るいせいで、端に白い部分がわずかに残ったとしても目立たないんですね。
緑色のカッティングマットを使っている方が多いので、「ああ、あれなら端に白い部分を残してもすぐわかるのになぁ」なんて思っていました。
とは言え、明るい色のパーツを切り抜く時には切り取り線の黒い線は残したくないんですね。
だって、貼りあわせた時黒い線が出たら嫌じゃないですか。
そのときには明るい色のカッティングマットが便利なんですよ。
なので、まあ妥協していたわけですよ。

んで、先日フェイスブックで、お友達が私のカッティングマットの色を反転させたものを使ってたので「私のカッティングマットの反転バージョンですねぇ」なんてコメントしたら「えっ?リバーシブルじゃないんですか?」と言われて超ショック!
ちなみに私が使っているのはコレ↓
paper140315_01.jpg

リバーシブルなら、前段に書いたことで悩むことなんてないじゃないですか。
ということで、探してポチりましたよ。
これは良さそうだ↓
paper140315_02.jpg
paper140315_03.jpg
よーし、暖かくなってきたし作るぞー!(いや、気温関係ないし…)



ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif
人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

248F1

フェラーリ248F1(その4)

 
前記事その3から随分時間が経ちましたが、単に更新をサボってただけ\(^o^)/
ということで、ノーズ周りの組み立て写真です。
写真から分かるように、ノーズが細長いため、左右のほんの僅かのズレが歪みを目立たせます。
恥ずかしいけど、組んでる時点では本当に慎重にきっちり組んだつもりでもコレほど歪むという事例として掲載しておきます。
248F1_28.jpg
248F1_29.jpg
248F1_30.jpg
248F1_31.jpg
248F1_32.jpg
248F1_33.jpg
248F1_34.jpg
248F1_35.jpg
248F1_36.jpg
折り目や繋ぎ目の白い部分は後でレタッチしますよ。

その4につづく

ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。



banner2.gif

人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

248F1

フェラーリ248F1(その3)

 
前記事その2で「いきなり次で完成編にしちゃおうかしらん」なんて書きましたが当然ウソです。
こんなんで終わらせたらティフォッシに殺されちゃいます(ウソです)。

ということで、初めての赤いパーツです。
フェラーリで赤いパーツがないとかありえないし、赤いパーツが出てくるとテンション上がるよねぇー♪
ってことで、リアウィングとリアサス周りです。

なんですが、次の2枚の写真の丸印で示しましたとおり、いきなり山折り・谷折りを間違えております。
テンション下がるよねー…_| ̄|…(((○コロコロ
248F1_18.jpg
248F1_19.jpg
マジンガーZの頭の形に折ると覚えておきましょう(若い人にはワカランチン)。

今回作ったのはMarlboroのロゴ入りバージョンです。
2枚のウィングの文字がずれないように気をつけることで、仕上がりが随分良くなります。
248F1_20.jpg
248F1_21.jpg
248F1_22.jpg

リヤサスのアームは淡々と組んでいます。
3枚目の写真の赤丸部分ですが、「どこに付くんだろう?」って感じで適当に写真の位置にしてますが、最終的にはボディーカバーに刺さるような感じの場所に落ち着きます。
「よくわからないけど、このへんに接着しちゃえ。」ってな感じで接着しちゃダメですよ。
248F1_23.jpg
248F1_24.jpg
248F1_25.jpg
248F1_26.jpg

「ところでB7ってどこに付くんだろう?」って作者様のinstを見てもなかなか分かりづらいです(私が分からなかっただけの可能性がとても高いことはさておき…)。
答えはA4の後ろ下部分です。
248F1_27.jpg

その4につづく

ブログランキングに参加しています。
応援ポチをよろしくお願いいたします。


banner2.gif

人気ブログランキングへ

「ペパクラつくろう!」トップページに戻る。
 

  1 2 3 4 5..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。